企業検索:50音ソート
| | | | | | | | |  

株式会社 タニタハウジングウェア

業種: 鉄鋼・非鉄素材

雨のみちをデザインする

銅加工で磨いた薄板金属加工技術を活かし、ステンレス・ガルバリウム・アルミニウムなど多様な金属素材も利用して、信頼性の高い雨とい・外装材を提供する。

雨のみちをデザインする「3つの“ものさし”」

ガルバリウム雨とい「HACO」
アルミニウム雨とい「デカノキ」
ハイブリッド雨とい「サスク」
3つの“ものさし”

 商品の開発設計において弊社がこだわる3つの“ものさし”は「設計」・「経験」・「匠」である。
 「設計」のものさしとは、単純な美しさ、それは建物にさりげなく在り、充分な機能を発揮することである。
 「経験」のものさしとは、雨とい開発40年間の蓄積された経験そのもの。そして建築外装材メーカーとしての評価試験の数々である。
 「匠」のものさしとは、製品は設計審査チェックリストに基づき品質・性能を評価され、合格した製品だけをお客様へお届けすることである。

「価値を売る」雨といのトップメーカー

 40年以上前より、板金技能者の手づくりだった銅雨といを既製品化することで、美しい建築づくりに貢献してきた。現在ではス テンレス・ガルバリウム鋼板やアルミニウムなど耐久性と美しさに定評のある金属素材を利用した雨といも提供している。
 製品を通じて「価値を売る」ことをモットーとし、市場ニーズに対応した絶え間ない製品開発を続け、銅製雨とい、ステンレス製雨といのシェアは業界で1位となっている。

薄板金属加工技術と生産・顧客管理システムによる高品質製品の提供

 雨とい分野への進出を契機として薄板金属加工の技術力を向上させてきた。タニタハウジングウエアの薄板金属加工技術は、0.3~1.2㎜の薄板金属をプレス加工・ロール成形・溶接等により美しく仕上げることで、デザイン的にも優れた製品を製造している。
 もう一つの特徴はステンレスプレコート材造管を始めとして、製品性能向上・環境負荷軽減のため金属素材のプレコート加工技術を磨いている。
 また、全社で取得したISO9001を順守した品質保証体制及び、T-Pics生産管理システムとSF顧客情報管理システムにより、多岐にわたる製品の品質維持と生産・在庫・納期管理を徹底している。


代表取締役社長 谷田 泰

事業内容

主要品目
住宅用雨とい、ビル用雨とい、外装材、雨水利用商品
技術
薄板金属加工技術
拠点
大阪営業所(大阪府)
名古屋営業所(愛知県)
仙台営業所 (宮城県)
その他
板橋製品技術大賞 優秀賞
(2006年度)

会社概要

本社
東京都板橋区東坂下2-8-1
TEL
03-3968-1141(代表)
FAX
03-3968-3000
URL
http://www.tanita-hw.co.jp/
創業年
1947年
資本金
7200万円
従業員
130名